P8×骨格ナチュラル

この記事は約1分で読めます。

P8と骨格ナチュラルだと大人っぽく高級感、なので親和性ありそうですが、ラフでバサバサした感じにならないようにするのがポイントです。

ラフに見せるなら計算されたラフで!

少し艶のある素材、緩くしつつもエッジはきっちりまとめるようにコーディネイト。
リラックスするにしても質の良いセーターにウールのパンツ、のような、大人のスタイルで。

P8はカジュアル似合わない、と言っていますが、もう少し丁寧に言うと、例えばP8✖️骨格ナチュラルだと、ダッフルコートなどよく似合います。
素材感、色、ディテールで大人っぽさを出すととっても素敵。

骨格ナチュラルの人がダッフルコート着ているの見ると、なんだか、すっと、心地良くなります。
ダッフルコートは漁師の防寒用コートがその始まりですが、メンズ発祥のアイテムって、骨格ナチュラルと親和性が高くて、質実剛健的な美しさを感じます。

そして、もともと私は骨格好きなのか、昔から、顔とかどうでも良いけど、骨格のバランスが良い人が好き、というこれまたどうでも良い情報を入れつつ。

P8は仕立ての良いものが似合うので、P8かつ、手作りする人は、縫製頑張ってくださいp(^_^)q ぬはは。