P7×骨格ストレート

この記事は約1分で読めます。

P7は、甘辛ミックス。
骨格ストレートはシンプル。
ということで、骨格と印象が一番出やすい顔まわり、肩まわりをシンプルに、甘さはボリューム感とリンクするので顔から離して張りのあるスカートという組み合わせにしてみました。

P7は、甘すぎるよりは、からい方に寄った方が良いのですが、かと言って甘さが全くないと一匹狼感が増すので、良い塩梅を見つけるのも楽しみとしてぜひ。

提案がシンプルなアイテムばかりで、お洒落を楽しむには少々寂しい骨格ストレートの中で、ライダースは比較的、バリエーションとして使えるお洒落アイテムだと思います。

色や柄は、流行どストライクにしない、媚びないものを。
見えないところが大事なP7なので、パターンの良いものを選び、みんなが知ってる店のみんなが知ってるアイテムではない、つまり、量産されたものより、少量こだわって作っているような物などが合います。

基本、ウネウネしているものよりシュッとした布帛が合います。ミックスとしてニットを足すくらいの塩梅なら安心。

見えないお洒落が一番似合うP7です。