P6はこんな人

この記事は約2分で読めます。

P6の印象

P6の人は、ちょっとドタバタした感じの、庶民的なあたたかみのある印象です。P3が子どものイメージならP6は良きお母さん。配慮ができて共感力が高そうに感じます。
そのため、少々垢抜けない部分があるかもしれません。
角の立ちにくい印象で、良くも悪くも当たりさわりがないのが得意。人と揉めることは少ないので、こちらの気持ちにかかわらず、友達になりたいと思われることが多いかもしれません。
特に女性への印象が良い数字です。

そんなP6に似合うものは、重厚感のある西洋系のスタイルのもの。
普遍的な西洋系装飾、レースやフリル、絵画、音楽等の芸術系も合います。
意識するのは重さとボリューム。
薔薇とか猫とか西洋の食器って普遍的に愛されていますよね。あれが近く、P6の人の場合はよく合います。似合わないもの着用するときのP6は、もれなく垢抜けなさが全開になるという不思議です。

P6の有名人

上野樹里さん
竹内結子さん
常盤貴子さん
観月ありささん

P6で目立つポジションの女優さんは、あまりいませんでした。
それはやっぱり、親しみやすさ所以かもしれません。
観月ありささんが演じた「サザエさん」(←P6)の印象が強いのはわかる気がします。代表作の「ナースのお仕事」も印象に残っている人も多いかと思います。(ナースもドタバタもP6要素)

P6アイテムのキーワード

●西洋的重厚感
●濃い、重い
●もこもこ素材やゴブラン、メルトン、別珍
●分量感のあるシルエット
●レース、フリル、ディティール多め
●艶感のある濃い赤、紫、ネイビー、黒
●デフォルメのない動物(中サイズ)柄
●コスプレ
●フェイクファー、
●冬素材
●ボリュームのあるスカート、ワンピース
●曲線的なライン、シルエット
●黒メッキ、アンティークゴールド
●振袖、町娘
●音楽系の柄(音符や五線譜など)
●アイボリーホワイト

P6おすすめアイテム

準備中