P5×骨格ストレート

この記事は約2分で読めます。

4月から、月額制スクールをスタートします。自己中で生きても自己犠牲で生きても、誰も幸せにならないし不安や不満も解消されない。解決方法は、全員が幸せになる生き方にあります。

あらゆる悩みのこと、お金、人間関係、仕事、生き方、すべて自己表現の結果です。

Pは「全員が幸せになる生き方」ができるための、自分の「表現」の部分を表します。洋服はその、ほんの一部。

大きな悩みもないけれど、漠然とした不安があるとか、何をしたら良いのだろうか、何から始めたら良いかわからない人も多くて、かといって手当たり次第というのも違う。その、前に進むための「あたりのつけかた」を示してくれる数字です。

この辺が個人セッションのメインの話になることが多いです。

また、どうしてそうなるのか、というベースの部分を特に大切にし、社会の仕組みの本質や人の心のルールを踏まえ「愛」「感謝」などの抽象的な言葉を使わず、ごくごく当たり前の言葉で学びます。

スピリチュアルというのは「内側の精神性」の事であって、表面的な占いとか🔮パワースポットとか、そういう形の事じゃなく、また、育てるものでも上げるものでもなく

心地良く地に足をつけて生きることによって得られる、自分だけの境地、のようなものだと、個人的には思っています。

長くなりました。

では、P 5✖️骨格ストレート

P5は足し算の数字。

プラスアルファ
アレンジ
異素材、補色
新しいもの
というキーワードがあります。

P5がお洒落な数字と言われる理由は、とにかく、イメージが限定されなくて、創意工夫でどこまでも遊べるからです。

自由度が高い分、逆に選べないという人も多いかもしれません。

1枚じゃ表現できないP5を1枚の絵にするのも不可能です。この絵は、P5の広い世界観の、ほんのほんのカケラ。それでも明確なルールはあるので、P5は特に、講座で資料を見た方が、そのポイントがわかるかと思います。

で、骨格ストレートは、素材や装飾について引き算するのが美しく見えるコツなのですが、P5の基本足し算とケンカしますので、素材はプレーン、シルエットもシンプルにした上で、P5らしいカラーで遊ぶのが、しっくりきます。

変則的なカッティングアレンジも、シンプルなシルエットを妨げない点で使えます。
素材は骨格ストレートらしく、体の肉感を拾わない張りのあるものを。そして質の良いものを。

カラーで遊んで、小物で足し算すると寂しくならないですね。