P3はこんな人

この記事は約2分で読めます。

P3の印象

無邪気で、人懐っこいイメージです。ノリが良さそうと言っても良いかもしれません。
その場の空気を明るくする印象を持っていますが、社会的不安が多く無難なファッションが蔓延している日本なので、P3の自覚を感じにくい人が多いようにも見受けられます。
特に大人だから、主婦だから、子育て中だから、節約しているから、目立ちたくないから、という概念で暮らす中で「無難な」「着まわしのきく」洋服選びをしているP3の方も多いと思いますが、瞬時に見た目年齢が10歳上がります。
若見えを意識するなら、高い美顔器買うより、高級基礎化粧品買うより、まずは洋服を変えた方が早いと思います。

P3が似合うのは「こどもカラー」が一番イメージに近く、軽やか、ブライト、スキップしそうな素材感です。1960年代ファッションの明るくキュートなイメージも近いです。
P3が似合うものを着ると、ヘルシーで健全な大人のイメージです。子どもっぽくなるわけではないから不思議です。

P3の有名人

多部未華子さん
宮崎あおいさん
きゃりーぱみゅぱみゅさん
黒木華さん

小動物のように、キュートなイメージの女優さんが多いですね。
化けて演じる女優というよりも、可愛いキャラアクターが愛らしいイメージです。
特筆したいのは、P3の中に、その逆の振る舞いをして炎上している有名人の方も多いということです。事実はどうあれ、まあいっか、という明るいスタンスで笑顔でいるのがP3の本来の姿であり、人への癒しになる数字です。

P3アイテムのキーワード

●クリアで明るく軽やかな素材、色、柄、
●直線にしても丸みにしても勢いのあるライン
●キッズカラー、キッズ的な素材
●カジュアルが良く似合う
●艶がないもの
●夏素材
●はっきりしたディティール
●基本、天然素材
●デフォルメされた小さな飛び柄
●張りのある素朴な素材(綿ならタイプライター、ウールならフラノやブークレ、ニットなら裏毛や、ラメなどの入らないファンシーヤーン)
●カラフル
●小動物や鳥のモチーフ
●ヘタウマ
●スカート、パンツ、ワンピース。子どものものを大人に転用した感じのシルエット
●顔料プリント
●ベーシックカラーなら、晒の白かネイビーかライトグレー(明るい色も必ず入れる前提)
●子どもっぽいかもと思うような服がむしろ大人っぽく見える不思議

P3おすすめアイテム

準備中