P2はこんな人

この記事は約2分で読めます。

P2の印象

P2は、儚げな女性らしい雰囲気です。
控えめで優しく、嫌と言えないような雰囲気に感じられるので、良くも悪くも誰かがあなたに手を貸そうとしてくれたり、守ってくれようとしたりする傾向があります。
存在が薄いとも言えるので、存在を示したい性質の方にとっては、爪痕を残せなくて葛藤することもあるかもしれません。

そんなP2にぴったりの洋服は、優しい色と、繊細でやわらかな素材です。
自己主張したい人にとっては、P2の洋服は物足りなくて結果を残せないと感じるかもしれなくて、お化粧や洋服がくどくなるかもしれないので注意。
また、流行に左右されないものが似合いますが、お洒落の幅が狭くなると感じるかもしれないですが、一般的には主張や自己アピールが求められるような場でさえ、控えめである時こそ、とても輝く不思議な魅力があるのもP2です。

また、ただの弱い存在ではなく、内助の功といった、表面的には見えないけれど、運命を握っている舵を取るのは実はこのP2だったりするのです。優秀な秘書がいれば業績が上がる会社をイメージするとわかるかもしれません。

P2の有名人

北川景子さん
広瀬すずさん
藤崎彩織さん(セカイノオワリ)
裕木奈江さん

P2は女優さんに多い数字ではないのですが何人かいます。しっかりとお化粧されているので、存在感がないという事はない、けれどもフルメイクでも涼やかで繊細なイメージだけは保つ方向性が良いと思います。P2の方で、人前に出る仕事をしている人は、メイクを盛ったり主張のある洋服を着たりする人も多いですが、控えめの方が物事がうまくいくという数字です。上記の方々は、お化粧していても充分P2の感じが出ている気がします。
サポートタイプの数字なので、脇を固める役柄の方が実は合っているんじゃないかな、と個人的には思っているのですけれどね。
藤崎彩織さんはとても能力と感性が素晴らしいけれど前に出ず、脇を固めて輝く、まさにそうだなと感じますね。だからP2が地味だというイメージはちょっと違うのだと思います。

P2アイテムのキーワード

●薄いピンク、ラベンダー、ライトグレーなどの軽い中間色
●濃い色使うなら、ネイビー、チャコール
●儚さ、軽さ、線の細さ、をイメージ
●配色に主張がない小花柄、繊細な柄
●綿ならローン、薄いシルク、ウールならジョーゼットなど
●カシミアやモヘア
●誇張しないやわらかいシルエット。
●やわらかいハイゲージ
●金属なら繊細なシルバーかプラチナ
●フレアスカート
●揺れるアイテム、揺れる素材感
●フレンチ袖
●うっかり戦略的愛され服を選ばないように注意

P2おすすめアイテム

準備中