似合う洋服を着る=センスがある

この記事は約3分で読めます。

センスとは何か

センスがある、ない、自分にはセンスがないなどという言葉はもはや普通に語られていますが、そもそもこの「センス」の正体っていったい何でしょうか?
センスを目で見たことがある人はいないと思います。物体ではないからです。
じゃあどこに存在するのかというと「受け取り手の感覚」です。

センスが良いものを見せているからセンスがあるのではなく
受け取り手が「センスがいい」と思った時に、そこに存在するという、その物と受け取り手の関係性のことを指します。

だから、生まれつきのセンスなんてものはないし、いくら優秀なデザイナーが「これはセンスが良い!」と確信して作品を作ったり発表したとしても、受け取り手がそう感じなければそれは「センスがない」なのです。
ですから、ハイブランドでも素晴らしいクリエイターでも、発表した時は酷評だった、という話はよくあります。それは、受け取り手がまだそう感じられないほど、新しいものが発表されたという事でもあります。

センスはその人にくっついている能力などではないし、磨くものでもない。ですから自分が何かを着る時に、センスがないからと思って思い切ったことができない(無難な服に終始する)のは、

ただの思い込みですね。

むしろその自信がないという態度、装い、振る舞いこそ「センスがない」と評価をされることになるわけです。

センスが良いとは何か

では、何をどうすれば、センスが良いという評価を自然に出すことができるのでしょうか。
それはただ「似合っている」という事につきます。
いくら GUCCI の最新作を着ていても、その人に似合っていない、調和していなければ「センスが悪い」と捉えられるわけで、つまりセンスとは、キャスティングのことを指します。グッドキャスティングであるかどうかです。

そしてそれは、人によって違うから、パフォーマンスナンバーでそのキャスティングの、自分だけの法則を知りましょう、という事になるのですが。

センスというのは、洋服だけの話ではなくて。
例えば「いつも暗い雰囲気の人」「幸せそうじゃない感じがする人」がいれば、誰でもあまり近寄りたくないと感じると思いますが、似合っていない洋服を着ている時は、無意識にこの雰囲気を醸し出しています。
自分は無難な服を着ているつもりで、無難なふるまいをしているつもりでも、他者から見ると「わざわざ仲良くしなくても良い、どうでも良い人」になります。

どうでも良い人に人は優しくしませんし、時給を上げてあげる必要もないんです。
お金も時間も、人は、魅力的だと思うものに使います。
ましてや今は、特にお金に関してはシビアな時代ですから、余計に、魅力的なものを厳選してそこにお金を使うわけで、どうでも良い人には使わない、という事がはっきりしてきています。そしてその流れは、今後もさらに続きます。

物を買うなどの消費だけでなく、人を採用する時や、人と会う時も同じです。
魅力を感じない人にお給料を出そうとは考えないし、家族だからという契約や血のつながりがあるという事実だけでは大事にしない。
「クリスマスなのに夫は何もくれない」というのは、夫がケチなのではなくて、夫にそうさせている自分がいるのかもしれません。物じゃなくても、喜ばせるために考える時間、一緒に過ごす時間なども同様です。
家族だから一緒にいる、プレゼントする、じゃなくて、魅力的に感じるかどうかを基準に時間やお金のリソースを使うのが人間の本音です。「昔は大事にしてくれた」のは、その時は魅力的だった、というそれだけのことです。

そして、年齢や能力のあるなしにかかわらず自分の印象を整えることで、今ここから人に心地良さを与えることができます。それがファッションの凄いところですし、振る舞いもすべて、個人の能力を必要とせず、今すぐから、お金をかけず、1人で、時間をかけないでできる、つまり誰でもできるところが非常に合理的で。
これを整えることで相手が感じる感覚こそが、つまり「センスが良い」の正体です。
そうするとあなたのことを大切にしようと自然に思う心が、相手に生まれます。

多くの人が悩む人間関係とは、実は根っこは、これだけでできていると私は考えています。
非常にシンプルなものです。