パーソナルナンバー別 リモートスタイル P7〜P33

この記事は約4分で読めます。

P7のリモートスタイル

P7は通常甘辛ミックス、ではありますが、上半身だけの場合、あれこれ混ぜすぎても煩雑になるので、社会的な、形の良いシャツに、女性らしいヘアスタイルで一番すっきりと綺麗にまとまります。あとはちょっと気の利いた腕時計など小物を足しても良いと思います。

黒、白

P8のリモートスタイル

高級感あるスタイル。深緑はマストですが、できればゴールドの、デザインポイントや使うペンなど、ツヤ感もあると良いと思います。少しゆるっとした装いだとしても、それは作り込まれたものであること。肌の手入れとお化粧は抜かりなく、ささくれなし、髪も乱れずまとめます。

グリーンの色、金属はゴールドが良いけど。

P9のリモートスタイル

トータルコーディネイトがマストのP9ですが、上半身だけで見せるとなると工夫が必要です。参考画像ではスリーピースを持ってきましたが、ツインニット、シャツに同素材のネクタイを合わせるなども使えそうです。あとは、会議の内容に応じた装いをするのが良いでしょう。

上半身だけでトータルコーデできないけれど、スリーピースなら可能かなと
これ着るかはともかく、まとまったイメージを作るアイテムとして参考に。
グレー

P11のリモートスタイル

細く上質なリネンで作られたプルオーバーなど、社会的なかしこまった感じを出さず、繊細でそれでいて芯がある装いを。涼しげなイメージでまとめるのがオススメです。
ラフではなく、カジュアルでもなく、それでいて肩の力が抜けた、モダンなデザイナーズのブラウスなどもよく合います。ちょっと遊び心のあるワンポイントも合います。

白、黒。
余談だけど、このイエローは、P5に合いそう。

P22のリモートスタイル

P11〜P33は、マスターナンバーです。マスターナンバーは、社会性とはかなり離れていくので、そもそも社会的なリモートスタイルの提案が難しくなりますが。
P22は大人っぽい華やかさを出すのがオススメです。どの程度、となるとそれは会議の雰囲気との兼ね合いですが。落ち着いた感じで会議のグレードを上げる感じで、上質な素材の、落ち着いた光沢感がある素材、色などがよく合います。

ベストではないけれど、どの色でもオッケーな気がします。

P33のリモートスタイル

P33になると、普通に洋服を選んで着る分には似合わないということはないですが、人生を底上げするために社会的なものを着る、という概念がなくなるので、私の方ではおすすめがないという感じです。
太リブ系ニットで、黒やベージュなどの色にして、という感じができるのであれば仕事の場ではそれが一番よく合うと思います。
P33は表現者の数字なので、仮に公務員のようなお仕事だったとしても、他人に合わせるということを考えないでできる装いの構築をおすすめします。

ベージュも合うけれどこういうので黒があれば黒の方がオフィス向き。
P33は、一般的なオフィススタイルは似合わないので
似合うものをオフィスに応用していく感じ。