似合わないのはコスパが悪い

この記事は約2分で読めます。

似合わないのはコスパが悪い

タイトル通りです。
私は、高校生の頃から似合う洋服を求めて、洋服をたくさん買って試してきました。
似合わないと、数万円する服でも、袖を切ったり、衿をつけかえたりして、なんとしてでも似合うようにしたいと、それでもよく失敗して処分する事も多かったです。 ブランド物でもお構いなしです。

私ほどクレイジーでなくても、買ったり手に入れたりした後に、なんとなく似合わなくてあんまり着なかった、という経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。
気に入って買ったのに似合わないと気分は落ち込みますが、自分が太っているから、センスがないから、若くないから、といった理由をこじつけて、終了。

洋服を買う度に「これなら似合うかな?」と思ってなんとなく手を出し、やっぱり着なかったな、という事になったり、それでもたまに「これは買って良かった」というアイテムもあるので、知らず知らず毎回ギャンブルのような買い方になる人も多い。 そうすると、心理的には徐々に、大きく損をしないために、安いものを買うようになる。
安いものは、全てではありませんが、量を売るために(そうしないと儲けが出ないから)万人受けするデザイン、色、素材などで作られるようになります。つまり無難にはなれますが、無難なものを着ても、そんな人は山ほどいるから人の心に残る人にはなれません。

自分に似合う物、少なくとも完全にNGなものだけでも知っておくと、不要なものに払うコストはぐんと減ります。

そして似合う物があれば、洋服の数は多くなくても良い。
それでもいつも素敵でいられます。

洋服を作って販売するコストは知っていますから、5万円のスカートも10万円のコートも、その値段がついている理由はよくわかります。 ただし、それが似合わなくて着なかったとしたら、そしてそのために別のコートを買う事になるのなら、その出費はあきらかに無駄であると言えます。
私の実母はよく洋服を買っていたし、かなりの数を持っていましたが、最近までいつも「着る服がない」が口癖でした。
ある日、P7の母に合わせて断捨離をして、本当にわずかな枚数だけが残り、必要最低限を買いなおしてワードロープを整えたら、着る服がないとは言わなくなりました。そして、無闇に買わなくもなりました。

その点でも、似合うものを知ることは重要だと思っています。 似合うものを知れば、同じ金額で上質の洋服を選べるし、暮らしの質が自ずと上がります。節約をしている人こそ大切なスキルかもしれません。