未分類

P1

似合うリバティ柄と色 P1

最初に「骨格とリバティ(ローン素材)」について 数字ごとに似合うリバティの前に、リバティの主力であるローン素材は、どの骨格に適しているかという話をしたいと思います。 デザインにもよりますが、一番似合うのは、骨格...
P1

山口百恵さんの骨格とパーソナルナンバー

NHK総合で、山口百恵さんが1980年に行われたラストコンサートの放送がありました。1980年当時、私は8歳。引退でその存在を知ったくらいの人ですが、伝説の人ですし、1日限りの放送ということで見ました。案の定、テレビをつけると、自然と骨格...
未分類

骨格ウェーブ × P1の似合う服

結婚パーティー用の服 知人に頼まれて、メルカリやヤフオクを見ながら、結婚パーティー用の衣装選びを手伝いました。この彼女は骨格ウェーブのP1。P1は男性的な雰囲気、素材、アイテムが似合いますが、その一方で骨格はウェーブなので、こちらは...
未分類

骨格ストレートと僧帽筋

自分を小顔に見せたい女子高生の一定数が、スターバックスでグランデサイズを選ぶという話を聞いたことはありますか?コーヒーのサイズを大きくすることで、顔を相対的に小さく見せようとする技術です。 そんな「ごまかしたような」美しさに興味がな...
P2

似合うマスク似合わないマスク(P2)

P2は、華奢で優しい女性的なイメージです。マスクもそれに準じたものが調和します。 もともとP2は、初対面や人が集まる場所において、印象に残りにくいという特徴を持つのですが、マスクが調和していないと、悪目立ちすることになります...
P1

似合うマスク似合わないマスク(P1)

まだまだ続くマスク生活。マスクは、目だけしか出ていないから油断しがちですが、目は雄弁であり、印象はしっかり伝わります。むしろ顔にくっついているマスクがその人の持つ印象と調和していない場合、割と大きく人に違和感を与えます。その話をしたら、各...
P8

「黒革の手帖」武井咲さん(骨格ストレート×P8)

今日「黒革の手帖」2017の続編スペシャルが放映されます。私はテレビには興味が薄く、観る習慣がないため、ドラマを心待ちにすることなんてないのですが、女優さんと骨格、着るものとの相関関係を考えると、このドラマは非常に見所があって期待していま...
P33

伯母(P33×骨格ウェーブ)の話

2年ほど前に亡くなった私の伯母は、洋裁を生業とする人でした。直接影響を受けたというわけではなかったと思うけれど、結果的に私も同じようなジャンルで仕事をするようになり、ミシンや生地や、伯母の作った洋服を貰ったりもしました。 そんな伯母...
未分類

カジュアルウェアを着るときに気をつけること

世の中、カジュアルな洋服がもはや当たり前になりました。ホテルやレストラン、百貨店。何処へでも気軽な服装で出かけられるようになり、その多くは身体を締めつけない形、洗濯もしやすくアイロン不要など取り扱いやすい素材であり、買いやすい値段のアイテ...
未分類

パーソナルナンバーで「自分に似合う服」を知ることができる理由

ピエール・ブルデュー 1965年以降、社会学者として活躍したピエール・ブルデューというフランス人がいます。彼は「ディスタンクシオン」という名著で有名ですが、彼はこの本の中で「自分の感覚だと思っている趣味嗜好すら、実は社会構造...